株式会社トライバルユニットのオプトインメールが良いです

New Item Name


オプトインメールを利用したことのある方は多いと思います。
名称こそ知らずに、多くの方が利用していると思います。
例えば、有名チェーン店のメルマガ登録。
そうしたメールにはクーポンが付いていることが多く、
その店舗を利用する方の多くが
そうしたメルマガの受信許可を申請しています。
そうしたメールのことを業界用語でオプトインメールと呼びます。
オプトインメールは今の広告媒体の最先端をゆく手段となっています。

株式会社トライバルユニットもそうしたオプトインメールの活用を推奨しています。
推奨と言わずに、提案と呼んだ方がいいかもしれませんね。
株式会社トライバルユニットは、企業側が保有している
既存顧客(パーミッションが取れている顧客)に対し、
有効となる商品や戦略などをサポートしてくれるのです。

オプトインメールは意外と情報の固まりとも言えます。
メルマガの登録の際、様々な個人情報を入力する場合が多いです。
市町村までの住所を入力する場合が多いですが、
これでどのエリアでどの商品が売れているかが把握することができます。
また、ケータイをレジ前の機械にて
クーポンとしてかざすことがあると思います。
そうしたモノを使った場合、どんな商品が買われたかが
ビッグデータとして本部に送信され、
今後の経営戦略に使われる場合があります。
店舗のレジ側でクーポンの有無は分かるかもしれませんが、
どの年齢層が利用したかまではレジでは分からないのです。

オプトインメールはレスポンス率が非常に高く、
株式会社トライバルユニットでも率先して紹介しています。
今の広告においては「相手を不快にさせない」が
原則とも言われていますので、
株式会社トライバルユニットが提案するオプトインメールは
それを最大限叶える手段になっていると言えます。